トップ

注文住宅のレイアウト

ベーシックなレイアウト、I型

キッチンレイアウトのメリット

ベーシックなレイアウト、I字型
家を建てようと検討している方の中にはキッチンにこだわりたいから。という理由で注文住宅を選ぶ女性が多いようです。確かに建売の住宅に備わったキッチンはスタンダードであたりさわりのないデザイン。機能も平均的なものがひととおり揃っているだけで味気ないものがありますね。建売の物件を見ているとお料理好きの方は物足りなく感じるかもしれません。

ここでは、キッチンレイアウトの基礎をご紹介いたします。注文住宅を検討していらっしゃるならこちらを読んでみてくださいね。自分好みのキッチンを作るヒントがあるかもしれません。

まず、I字型のキッチンは最もシンプルな一列タイプのキッチンです。コンロ、作業台、シンクが横長に一列に並んでおり、比較的狭いスペースでも設置できるので最もスタンダードなキッチンと言えるでしょう。

I型キッチンは、シンプルなのでレイアウトが比較的自由に変えられる点、また場所を取らないのもよいところです。スタンダードタイプなので、商品のラインナップも多くチョイスが多いのも魅力です。

さらに、一直線のレイアウトなので作業も横への移動だけで済むので動きやすいと言えます。また、比較的安価なのもメリットです。

デメリットは、レイアウトのなかで作業スペースにしわ寄せが行って狭くなりがちな点です。かといってあまり横長になると移動距離が長くなってしまいます。このタイプのキッチンでは、横につなげて冷蔵庫を設置することが多いですが、あまり横長になりすぎる場合は冷蔵庫をキッチンの背面や脇に置くなどの工夫が要ります。

さらに、壁に向かって配置するので、ダイニングルームやリビングルームにキッチンが丸見えになってしまい、綺麗に片付いていないと乱雑な印象になりやすいのもこのタイプの難点です。

Copyright © ベーシックなレイアウト、I型. All rights reserved.